お中元を贈る時期はいつ?

お中元の贈る時期とは中元を贈るマナーである期間は、地方により異なるので注意が必要です。

古来、関東地方では7月初旬~7月15日まで、関西地方では7月15日~8月15日までがお中元の期間とされていましたが、近年一般的に関東地方では6月下旬から7月15日まで、関西地方では7月初旬から8月15日までがお中元を贈る期間とされています。

しかし、最近では地域差がなくなりつつあり、関東地方で7月15 日を過ぎてお中元で贈ることや、関西地方で7月早々からお中元で贈ることも多くなってきています。

また上記期間をすぎてから、夏の贈り物として送る場合、関東地方では、7月16日から立秋(8月7日頃)までは暑中お伺い、立秋から処暑(8月23日頃)までは残暑御見舞、関西地方では8月16日から処暑までは残暑御見舞として贈られます。

  お中元を贈る時期
関東地方 「お中元」は6月下旬から7月15日まで
7月16日から8月7日頃までは「暑中お伺い」
8月7日頃から8月23日頃までは「残暑御見舞」
関西地方 「お中元」は7月初旬から8月15日まで
8月16日から8月23日頃までは「残暑御見舞」



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0