知って安心!お中元のマナー

高島屋2011人気のお中元ベスト10

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 Oaks Heart(オークスハート)デザートビネガーセット
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 お酢をデザート感覚で楽しめるようにという発想から作られたデザートビネガー。お酢は「酒から作る」と書く通り、まずは果汁に酵母菌を加えてお酒にし、その後酢酸菌を加えて発酵させ果実酢となります。お水や炭酸水で割って飲み物にしたりフルーツソースとして使うなど楽しみ方は自在。心身ともにリフレッシュ。
10,500円 (税込)
▼「デザートビネガーセット」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン


高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_2位 緑寿庵清水 梅酒の金平糖
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_2位 厳選した梅酒を使い、18日間かけて2種類の難しい素材を掛け合わせました。風味豊かに仕上げた逸品です。
3,360円(税込)
▼「緑寿庵清水 梅酒の金平糖」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_3位 てっぺんとまと
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_3位 無農薬主義を貫く西森常晴氏が代表をつとめる、限定された農家で栽培したトマトをお届け。ご覧の通りパンパンに果皮が張っており、ずっしりと重たく、果肉もぎっしり詰まっています。名前の'てっぺん'は、畑が栽培に適した山頂にあることからつけられました。昼夜の気温差が20度もあることで、甘さと酸味のバランスがとれたトマトが実ります。自然の恵みあふれる、夏のおいしさをどうぞ。
6,300円 (税込)
▼「てっぺんとまと」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_4位 ユアチョイスギフトYA (高島屋百貨店カタログギフト:5,250 円コース)
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 お中元選びに迷ったら、先様に選んでいただくことも良い方法かも知れません。34品目ある中からメロンや時鮭、鰻などをはじめとする高島屋厳選のお品物をお選びいただけるカタログギフトです。高島屋百貨店のカタログギフトなら大変よろこばれます。
5,250円(税込)(送料込み)
▼「高島屋百貨店カタログギフト」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_5位 ユアチョイスギフトYB (高島屋百貨店カタログギフト:10,500 円コース)
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 ご予算10,000円程度でお中元をとお悩みなら、高島屋のカタログギフトをおすすめします。高島屋デパート厳選の31品目の中から先様にお選びいただくお中元。国内産黒毛和牛をはじめとして、天然車海老、かに、うに、いくらなどグルメな方にも喜ばれます。
10,500円(税込)(送料込み)
▼「高島屋百貨店カタログギフト」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_6位 にんべん いろまめほへと
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 '新菓系発酵食'の異名をもつ、画期的な製法で納豆をお菓子に。 厳選した北海道産鶴の子大豆で作った納豆を、独自の特許製法で凍結乾燥させました。 良質なタンパク質など納豆本来のもつ栄養はそのままに、色とりどりの味わいでくるみ、 これまでにはなかった姿・形・食感が楽しめます。
3,150円(税込)
▼「にんべん いろまめほへと」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_7位 [仙台・勝山館]手作り無添加粕漬けソーセージ&ベーコンセット
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_2位 吟醸酒の粕で漬けた、たいへん珍しい日本のソーセージをご紹介。 国内産のSPF豚肉を使用し、安心・安全にこだわった無添加仕上げ。 滋養いっぱいの酒粕に、動物性タンパク質を持つ肉類を約48時間漬け込みました。 こんがり焼いてどうぞ。吟醸香とともに深い旨みが口の中に広がります。
5,040円(税込)
▼「仙台 勝山館」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_8位 [長野]ルルベル シードルセット
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 信州産の完熟りんごを醸した、きめ細やかな泡立ちの本格派シードル。 丁寧に搾った果汁を瓶に詰め、酵母菌を加えて発酵。 この発酵菌は発酵後自らの酵素によってアミノ酸に分解され旨み成分へと変化します。 果実味深い「ルルベル ナチュレ」と爽やかな味わいの「ルルベルシードル」。 ドライな口当たりはお食事との相性が抜群です。
3,675円(税込)
▼「[長野]ルルベル シードルセット」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_9位 末富 竹筒水羊羹「竹流し」
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 小豆の水羊羹と柚子の葛羹を美しい青竹に流し込んだ「竹流し」。目にも涼やかで、コンコンと軽く竹のふちを叩いて取り出していただくのもまた楽しく...。江戸時代の文化文政期に広く愛されたお菓子で、するりとしたのどごしは夏のお三時におすすめです。水羊羹は丁寧に炊いた餡の上品な甘みが魅力。また吉野葛を使用した葛羹はほのかな柚子の香りが爽やか。この夏だけの特別な詰め合わせ。
5,250円(税込)
▼「末富竹筒水羊羹「竹流し」 のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン

高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_10位 サッポロ ヱビス・シルクヱビスセット
高島屋百貨店お中元2011:ベスト10_1位 ビールの中でも特に人気のエビスビール。ビール好きのあの方にも喜んでいただけます。
3,150円 (税込)
▼「ヱビス・シルクヱビスセット」のご注文
高島屋百貨店お中元_注文ボタン


お中元の習わしと熨斗(のし)

お中元ののしお中元は中国から伝わったものと言われています。

もともと中国では年に三回(1月、7月、12月)身を清める風習があり、それぞれ上元、中元、下元とよばれていたそうで、上元から半年間、無事に健やかに過ごせたことを祝い、祖先の霊を供養し、お世話になった方へ、感謝の贈りものをするしきたりがお中元とされています。

お中元を贈る場合、熨斗(のし)は紅白5本の水引で蝶結びを用い、「御中元」「お中元」と書かれるのが一般的です。

また包装紙は、近年の環境問題もあって高島屋百貨店をはじめとする大手百貨店デパートでは、進物品にはエコ包装とよばれる「簡易包装」が用いられています。




お中元を贈る時期はいつ?

お中元の贈る時期とは中元を贈るマナーである期間は、地方により異なるので注意が必要です。

古来、関東地方では7月初旬~7月15日まで、関西地方では7月15日~8月15日までがお中元の期間とされていましたが、近年一般的に関東地方では6月下旬から7月15日まで、関西地方では7月初旬から8月15日までがお中元を贈る期間とされています。

しかし、最近では地域差がなくなりつつあり、関東地方で7月15 日を過ぎてお中元で贈ることや、関西地方で7月早々からお中元で贈ることも多くなってきています。

また上記期間をすぎてから、夏の贈り物として送る場合、関東地方では、7月16日から立秋(8月7日頃)までは暑中お伺い、立秋から処暑(8月23日頃)までは残暑御見舞、関西地方では8月16日から処暑までは残暑御見舞として贈られます。

  お中元を贈る時期
関東地方 「お中元」は6月下旬から7月15日まで
7月16日から8月7日頃までは「暑中お伺い」
8月7日頃から8月23日頃までは「残暑御見舞」
関西地方 「お中元」は7月初旬から8月15日まで
8月16日から8月23日頃までは「残暑御見舞」




喪中の方へはお中元は贈ってもよい?

喪中の時のお中元お中元は、お祝いではなくお世話になった方へのご挨拶として贈るもの(贈り物)です。

贈り手、受け取り手のどちらかが喪中でもマナー上は問題ありませんが、お中元の時期が当方や先方の四十九日前にあたる場合は、四十九日が終わったあとに贈ると失礼になりません。



お中元で喜ばれる品物

お中元で喜ばれる品物 お中元は夏の暑い時期に商品が届きます。

食料品を選ぶ場合には食べやすく、保存も考えた商品が喜ばれます。
夏場はのども渇き、水物を多く摂る季節でもあるので大人を考えた場合は「ビール」や「洋酒」、「ワイン」など、また子供さんがおられるご家庭にお中元として贈るなら「ジュース」や「清涼飲料水」などがおすすめです。

また夏にはどこのご家庭でもそうめんは欠かせませんので「そうめんセット」も喜ばれます。

その他、珍味詰合せ、缶詰詰合せまたタオルケットや石鹸、洗剤、シーツなどの日用品もお中元に適しています。

お菓子を贈る場合も、ゼリーやプリン、くずきりなど涼しげな贈り物を選ばれると喜ばれます。



そうめんの上手な選び方

そうめんの極寒製とは

素麺(そうめん)は、冬季に製造されます。
冬場は、晴天の日が多く、素麺の製造にも適しており、そのため「極寒製」と表示された商品が百貨店やデパートで販売されています。
極寒期は気温が低く、塩分の少ない素麺を作ることができます。塩分の少ない素麺は「コシ」が強く、高級品とされます。

そうめんのひねものとは

そうめんの厄とは

素麺自体に含まれる水分、塩分、又表面に塗布してある綿実油が、高温多湿の梅雨期を越すことで貯蔵倉庫の中で一種の高温発酵をします。これを厄といい、「厄」済みの素麺はゆでても「コシ」が強く、茹でのびしにくいという特徴があります。


そうめんの古物(ひねもの)とは?

そうめんの新物とは、製造より1年以内のもの、厄(やく)が1回以内のものを言います。 製造から1年以上経過し、厄(やく)を2回越したものは古物(ひねもの)とよばれ、また製造から2年以上経過し、厄(やく)を3回経過したものは大古物(おおひねもの)とよばれます。
肝心のお味の方は、好みがあるので一概に新物、ひねもののどちらが良いとは言えませんが、新物は、小麦粉の香りや甘みが楽しめ、コクがあります。一方の古物(ひねもの)は、歯ごたえがあり茹ですぎても茹でのびしにくいのが特徴です。




Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0